パパの育児評価シート 


  今年は4月から、顧問先企業の社員さんの出産や出産予定のご連絡が相次いで入ってきています。

その中でも奥様のため育休をとられる社員さんの存在もあり、2ヶ月以上の長期取得を検討されて

いる方もいらっしゃいます。

弊所では、社員の育休相談に対し、給与のシュミレーションをし、社長さん、御本人、弊所と

三者面談をさせていただいています。やはり休み中の賃金は一番気になるところです。

弊所作成のシュミレーションでは、総支給額でなく、”手取り金額との対比”により、できるだけ

正確な金額をお出しし、休み中の収入のイメージをつかんでいただき、不安を少しでも

なくしていただくように心がけ対応しています。

 

シュミレーションの一部

✿先ごろ、改正育児・介護休業法が成立し、男性社員の産休「出生時育児休業」制度が創設されました。

肝心なことは、会社の体裁のため”ただ休めばいい”ということではなく、パパが何をサポートしてくれるかによって、

まずは、ママが”産んでよかった”実感する時間を多くもってもらうことだと思います。

現在、弊所ではパパの育児評価シートなるものを作成中で、パパに”してもらいたい事”と同じくらい

”してもらいたくないこと!!”をチャートにし、子育てに役立てていただけたらと考えています。

なお、弊所職員の子育て状況

大学生二人、中2一人、小4二人、1歳児一人です。 😉

 

 

 

 

 

 

 

こんな”風にこれからの時代”を考えています。


労働・雇用環境は、数年前に比べ目まぐるしく変化しています。

会社においても、労務にかける時間やお金がとても増えている

と思います。

売上を伸ばすことは大切なので、労務にかける費用は

できるだけ抑えたいという会社側の気持ちは分かります。

働き方改革が浸透している中でも

「社労士の言うことをきいていたら会社がつぶれる!」

「残業代なんて、まともに払っていたら会社がつぶれる!」

「社員が残業をしたがるから、残業をやめられない!」

などなど、被害者になったかのような口調で私に強く

あたる方もいます。

社労士は、働く人が、安全で安心に働けるよう

健全な職場を作る社会的な役割があります。

そのため、私も時に経営者が考えていることや会社のルールに

ダメ出しの連発をすることもあります。

私のことを融通が利かない社労士と思っている方もおられるでしょう。

では、私(社労士)を避ければ、解決するのでしょうか。

私との相性や私が気に入らないということはあるとしても

基本、人を雇うとき会社がしなければならない事は

”忙しいとか”、”分らない”とか”できない”の理由は通らないと思っています。

”出来ればしたくない”という本音は、正しいやり方で考え直してもらうよう

言い続けます。

 

そうは言っても、お客様との間で悩むこともあります。

そなときは自分の立場を入れ替えるようにしています。

例えば、”もし私が社労士以外の業態で会社を経営していれば”

と想像するのです。

きっと絶対成功したいので、そのためにはまず正しい労務管理に

取り掛かると思います。そこで必要なのはやっぱり労務の専門家

の存在です。

私は、もしもの私がその会社を任せられる社労士か?

これからも自問自答し続けます。

 

労働・雇用にまつわる法律や制度の改正。

時代に必要な新たな制度など。。

今、世の中は働く人をめぐる話題が非常に多い。

会社が、働く人の安心・安全を第一に考え、共に

豊かになっていくよう、会社が法律や制度をそのまま受け入れれば

あれこれと悩むことはない。

どこか会社が損をしないように考えるから、問題やトラブルが生じる。

”会社は法や制度を潔く受入れ、社員は一生懸命社業に励む”

 

私は、これからの時代にそった”働く人を中心とした経営労務の考え方”

を会社や経営者にお伝えしていきます。

一方、社会保険や雇用保険、子育てや介護など会社や働く人にとって

必要な社会保障の制度や助成金などのもれなくお知らせし活用していただく。

 

働く人と会社が共に豊であるよう力を注ぎたいと思っています。

 

在宅ワーク講座 開催お知らせ


古民家サロンaula.皓よりお知らせです。

コロナ禍で生活する私たちですが、これまでの生活様式や 😉

働き方を振り返ることが多くなったのではないでしょうか。

さて、今回は古民家サロンで行う初めての講座について

お知らせいたします。

テーマは”在宅ワーク講座”です。

○在宅ワークとはどんなものなのか知りたい

○やってみたいことがあるけど、実現できそうか?

○この機会に自分を掘り下げてチャレンジできることを

見つけたい、またはその切っ掛けとして話しを聞いてみたい

○モヤモヤや閉塞感をなんとかしたい

という方、ぜひご参加下さい。

講座といっても、ごく少人数。もちろんコロナ対策いたします。

とき:3月30日(火)13時30分より2時間程度(面談含む)

場所:松江市南田町101  ゲストハウス米村家さん☜とっても素敵です!!

講師:大塚真理子(社労士・行政書士・国家資格キャリアコンサルタント)

駐車場:あります。

参加費:1,000円

とてもおいしいコーヒーつき

お申込みはメールまたはお電話でお願いします。

お問い合わせ℡0852-27-3447

otsuka-m@gyosei.or.jp

締め切りは29日の午前中

個別ご相談もありますので、事前にお知らせください。

サブワークの名称


サブワークの名称を決めました。

”古民家サロンaula.皓”

aula は アウラと読みます。

ラテン語だそうです。

日本語にフランス語(サロン)にラテン語に

多国籍になりました。

ちなみに皓は無音です。

日頃の活動と分けるため、あえて名称を作りました。そして

新たな講座に

①アロセラピー シーン別・季節別

②おいしい庭料理クラブ 

③可く魅せるお弁当づくり講座

④これからのき方を考える講座 

などが加わりました。

仕事・年齢・自分・したいことなどの面談もOKです。 😉 

お問い合わせはお気軽に 件名に 古民家サロン と入れてください。

お待ちしています。

 

サブワークの名前は後でお知らせいたします。


今日は、肌寒いですが明るく気持ちのいい日です。

地域の方(松江市)限定となりますが、お知らせがあります。

年齢はミドル(見ている方のご想像にお任せいたします。)

からの方で、”お勤めしながら、起業したい”・・・とか

”これから何かお仕事を始めたい”・・・とか

”自分は何ができるか知りたい”・・・とか

”これしたいけど、なかなか始められない”・・とか

心がざわめいたり、ジレンマを感じたりしている方。

hana社労士事務所は、この春からサブワークとして

”待中の古民家サロン”で対面相談や、小さな教室や講座を

スタートさせます。

本当にお気軽にメールでお問い合わせ下さい。

件名に街中の古民家サロンと入れて下さい。

場所はこちらです。

http://yonemuraya-matsue.com/

 

 

 

 

 

これからのこと。


仕事をしていると5年などあっという間に感じます。

毎日顔をあわせる社員さんも毎年、年齢を重ねるわけで。

働き盛りから、熟年期を迎え、同時に少しずつ”衰え”を感じ、

やがてそれが事実となり、周囲が意識し、自らは拒絶しながらも、

すこしずつ受け入れはじめ、老いることの現実を知ることになる。

 

人は、会社などでフルに働ける年月って長いようで短いようで。

高齢化社会っていわれるけれど、働く人の年齢層が高くなってきているのは

自社の年齢構成をみていただくと一目瞭然だと思います。

どの年齢層が厚くて・・どこ層が少ないのか・・

これからは、

ただただ人が必要だった時代から、ITが人の代わりになってくれる時代へ。

人事を考えていく上では、時代の流れと技術の進歩と業務改革(棚卸)と

それから、活かせる社内制度、プラス”思いやりや前向きな心”が必要に思えます。

 

「この会社で定年を迎えるとき、自分はどうなっているだろうか。」

経営者が、一社員の立場になって自社を客観的にみたとき

どんな気持ちがよぎるのでしょうか。

 

色々ありますが、今を「成熟した世の中」と前向きに捉え、

社労士としてやれることは全部やりたい。

欲張りですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性活躍推進事業セミナーのお知らせ


働き方改革による企業対応が浸透しつつあります。

今後、改革の施行は2024年まで行われます。

そんな中、女性活躍推進法の改正があり、この4月1日より

順次施行されます。

女性活躍推進法は、大きな企業(301人以上)から取り組み

を始めましたが、この人数は2022年には101人以上に

引き下がります。

今回は、女性活躍推進法の取り組みに関する変更点や

企業の取り組み事例が聞けるセミナーとなっています。

ご参加お待ちしております。

セミナーのお知らせです。


求人票を作成するとき

この仕事・・必ずフルタイムにしなきゃいけないのかな?

この仕事・・必ず経験がいるのかな?

この仕事・・必ず若い人でなければダメなのかな?

離職に伴う補充求人は、前人と全く同じ条件で出す場合が

多いのですが、ちょっと待って・・これを機に「職務の内容」

を冷静に分析してみませんか?

約2年前、私はコンパクトブロック型求人と銘打って

午前と午後に分けて求人を出しました。

理由は、働くママと一緒に働きたいという希望からですが

働く時間を短くすることで、人はすぐに見つかると思っていました。

しかし、なかなか思うように応募がなく、思い違いだったのかな?

と焦り始めたところ、ご応募が少しずつ届きはじめ、結局、時間帯ではなく

”採用する方の希望”を重視した採用となりました。

時間帯が重なったり、不規則な出勤日となったりしましたが

当時は3名の方を採用させていただきました。

一応、働くママとの採用マッチングは成功したと思っています。

この時採用した方のうちお一人は今や当事務所の超戦力となっています。

ちなみに午前中、週5日勤務です。(小学生お2人)

働く時間が短くとも、十分に能力を発揮されています。

本当に頼ってます。

その後再設計などを試み、他にほぼフルタイムに近い方(小学生お2人)

この方も仕事に対する姿勢が素敵。

本当に頼ってます。

また来年から新たな”ほぼフルママ”(中学生お1人)と”ミドルフルママ”(小学生お2人)

の構成となり、当初のコンパクトブロック型ではないですが、

計画以上になったと安心しています。

 

求人票を出すと、とにかく一日でもはやく”いい人”と出会いたい。

という思いがありつつも不安や焦りも伴います。

そんなときだから、あえて会社の職場環境を見直していただく。

 

柔軟な求人条件をメインに働きやすい職場環境について

今一度見直してみる機会をセミナーを通してお話しさせて

いただきます。その後、求職者のみなさんと意見交換の時間があります。

求職者のお声を直接聞くことによって、これまで開かれていなかった

扉が開くかもしれません・・・。

講演内容「働き方改革で高齢者・女性が活き活き活躍できる職場づくり」

①松江会場 2020年2月25日(火)13時から14時

くにびきメッセ小ホール

②浜田会場 2020年2月28日(金)13時から14時

浜田市総合福祉センター会議室

お問い合わせ先

就職サポートセンター島根

松江 TEL0852-61-6111

浜田 TEL0855-25-5111

 

 

ご参加お待ちしております。

リカバーできるならラッキー


新たに社会保険や労務管理のサポートを

させていただく会社では、この時期(労働保険の年度更新)

「雇用保険に加入すべき人が入っていなかった」という方を

見つけてしまいます。この場合、会社には説明し取り急ぎ

できる対応をいたします。

遡及し、加入手続きする場合は、経過した間のタイムカード

や賃金台帳などご用意していただく書類が増えますが、

働いていただくルールにそって正しく保険に加入してもらうことが、

働く人と会社の信頼関係を築くものと考えます。

また、リカバーできるなら、すごくラッキーなことだと前向き

に考えることも必要です。

社会保険も同様。こちらは社会保険料の負担が大きいので

大変ですが、やはり未加入者が見つかったら、1日でも早く

対応したいものです。

新たに顧問契約して頂いた社長さんとの打ち合わせで

「今月給料を上げようと思う」と仰られたのですが

社会保険や雇用保険の未加入者の存在がちらついたので

「昇給の前に整備しておきましょう」と強くアドバイスさせて

いただきました。

お給料が上がっても、後から色々と控除されるのは、喜びよりも

がっかりの方が大きいでしょうから。

昇給は、働く人も会社もお互いが「いい気持ち」になることによって

いい流れになることを期待してしまうものですから。

 

後半もがんばります。