はやく会いたい!


顧問先さま(小売業)の新人さんが

連続して店舗に姿を見せた社長さんに対し

「社長さん!今日は何のご用でいらっしゃいましたか?」

と声をかけてきたそうです。

声のトーンが表現できず残念ですが、その話を伺った

とき思わず笑ってしまいました。

この店員さん面白いな、可愛いなとなんだかホッとし、

いい店員さんになって欲しいな!と無意識に願ってしまいました。

 

お店で買い物をするとき、私は店員さんに話しかけて

もらいたいタイプです。

自分で決められないときや、おすすめのものなど

”その持ち場のプロ”としての声を聞くのが一番と考えて

います。また、その人の話し方や所作なども別の意味で

観察していることもあります。

なんでもありの店員さんはすぐに分かりますし、

熱心でないと感じると、日を改めることもあります。

 

ほんの数分から数十分の関係ですが、店員さんと信頼が生まれる。

そして信頼の積み重ねが”絶対意見”にかわり、ごひいきへと繋がる。

 

最近はネットで購入することも多いので、書き込みや

★の数を参考することもありますが、そこには人とかかわって

感じる何かが存在しません。ただ、買うだけ。

 

この寒波⛄がおちついたら、あの新人さんに会いにいこうと

思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに私のやりたい仕事がある。


先日、顧問企業様から社員研修として「年次有給休暇」について話をして

もらえないかというご相談をいただきました。

社員数が急激に増え、労務管理もますます徹底していくことが

必要であると気づかれた社長さん。すぐさま行動に移すスピード感が

今の業績に表れていると感じました。前回は、給与明細の控除、特に

社会保険料控除についての研修をしました。

与えられた時間は30分。

20名近い女性社員は本当に華やかで、私も若返った気分になりました。

使用したテキストは東京労働局の「しっかりマスター労働基準法

~有給休暇編~」

会社が、労基法を適当な解釈で日々の労務管理をしていると

なんとなく会社の変なルールが出来上がり、それに従うことで大切なことが(権利)が

どんどん無視されていることがある。そんなところでは、先輩社員と新人さんの間で

「前の会社ではこうなっていた!」(こちらも正しくない場合もある)ともめるケース

もあり、どちらも正しくないので、ごたごた感が本業に支障をきたす。

正しいことを知って、正しくしようと思えば、今までは発生しなかった

こと(例えば:正しい計算による新たな賃金)で会社は負担が増えること

もあります。ただし、少し時間がかかっても正しいやり方にシフトしていこう

とすれば、水が澄んでいくように、その水を飲むこと(安心)もできるのです。

今回登場の社長さんは、専門家の力を借りて正しい労務管理を目指しておられます。

私のやりたい仕事がここにあります。この志に応えたい!!

ただ、正しいことを押し付けるのではなく、経営者の夢や目標に沿えること。

今年も頑張ります。

仕事納め


今年の営業は本日が最後となりました。

今年は、職員さんの目覚ましいレベルアップと集中力で

多くの仕事をさせていただきました。

いいことばかりではなく、今年は突然のお別れも多く

悲しい1年でもありました。

来年も、ひたすらに専門職としての力をつけ

皆様のお役に立ちたいと思います。

今年一年有難うございました。

働くことが大好きなあなたへ・・

仕事の神様がほっとかないよ。

かならず、次のステップが用意してあるから

そのときは驚かないでね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドローンを使って~行政書士業務~


先日、建設業のお客様からドローンの許可取って!

とのご依頼があり、大阪航空局へ「無人航空機の飛行に関する

許可・承認申請書」を出しました。

これまでドローンにはあまりよい印象を持っていませんでしたが

申請書を作成するにつれ、人員不足、災害時などでの活用も期待

されることが分かり、一時のイメージでものごとを決めるのは

よくないことだ!と自己の思い癖を反省いたしました。

また、これまでの「土木」という専門職から、より世の中に役立つ視点で

新たな分野に参入していくチャレンジ精神旺盛な社長さんには

勇気を頂きました。

もし、私が、仕事で限界を感じたとき、私は自分自身を

助けることができるだろうか。

10年前ならわかりませんが、今なら・・・。

そんな状況を楽しみながら、乗り越えられると思います。

 

もちろん、YES!


先日、娘がお母さんはだれからお給料をもらっているの?と尋ねてきた。

どこで覚えたのか、年長になって、その発言にドキッとさせられることも多くなりました。

我が家は夫婦が共に個人事業主なので、そのことを娘に説明するのは難しい。

お母さんは、どんな仕事をしているの?

これも本当に難しい。

大人相手に説明するのも難しいときもある。

社労士とは・・・

「会社で働く人が、豊に安全にやりがいをもって働くために

陰ながらサポートする仕事」

ただし、これからはもっと業務内容がはっきり、具体的にまた、世間共通の業務

として、やるべきことが明確になるかもしれません。

この地域の企業に必要なサポートは、地元の社労士が見つけだし、提案していくことで

これまでにない企業とのかかわり方ができると思います。

社労士の仕事の説明より、個々の事務所の特色あるPRも大事になってきます。

 

企業にとって、社労士とはどのような存在で、つきあうことでどのようなメリットがあるのか?

日々、そんな風に考えながら仕事を進めていますが、私が会社の社長なら、私を相談相手に選ぶだろうか?

答えは・・・「もちろんイエス!」

社労士は謙遜していてはいけない。自分の仕事に自信をもって社会に立ち続ける存在でなきゃ!

 

私なりの54


どんなに好きでも、それが仕事(プロ)となれば

苦しかったり、辛かったりすることも多いのだろう。

よく、「好きを仕事に」という言葉を目にするが

「好き」はパラダイスではない。「好き」に苦しめられる時も

あるかもしれない。

でも、苦労の先に「好きより素晴らしい景色」を見る人達が

いる。

そんな素晴らしい景色を見た人を”知る”ことによって

感動したり、励まされたり、喜びであったり・・・

どれだけ多くの人がこの若き女性に影響されたのだろうか・・・。

 

昨日は、寂しさの募った1日となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なりたい職業


5歳の娘に「大きくなったら何になりたい?」とよく聞く私。

「歯医者さん」とか「お医者さん」とか答えると何となくうれしい気分に

なります。”困っている人を助けるため”が理由だそうで、すごい!えらい!

と褒めてやるのですが、お父さんや幼稚園のお友達とかには「ケーキ屋さん

になりたい」とか「美容師さんがいい」とか言っているようで、

なりたい職業が全て専門職でした。

専門職ってわかりやすいんだと改めて気づきました。

数年前、ある機関でインターン中の学生さんに将来の希望をインタビューした

ところ「将来の夢は、事務職に就くことです。」と返され、唖然というか

がっがりした記憶があります。きっとその学生さんも小さいころは、なりたい

職業を自由に思い描いていたと思うのです。

若い人が希望を持つ姿を見るのは、もう若くない世代の「喜び」でもあるような気がします。

若い人が夢を語らず、現実的なことばかり口にするのは、聞いていても暗くなっちゃいます。

今は、なりたい職業を考える前に「働き方」が問われる時代。

この子が働き出すころ、「働き方」はもう死語になっているでしょう。

予想がつきません。

 

子育てとAI


子供が急に熱を出しても、会社を休めないママは沢山います。

そんなとき、パパよりお祖母ちゃんにお願いできる環境に

ある人はすごくラッキーかもしれません。

お祖母ちゃん世代も今は”バリバリの勤労者”なので、社会的立場は

ママやパパと変わらないのです。

顧問先でママ社員さんが「お祖母ちゃんも仕事があってみてくれないんです」

と聞くことも多く、そんなとき「孫、可愛くないのかしら」と一瞬頭をよぎります

が、誰もがそれぞれに事情があることも理解しなければなりません。また、お祖母ちゃん

世代は仕事に真面目で責任感が強い人が多く、自分の子育てを自力で乗り越えてこられた

方も多いのではないかと思います。

そんな方とお話ししているときは、「まだまだバリバリにいけますよ!」とつい目の前の

人の印象を言ってしまうのです。

ですが、やはり人間の成長を支えていく家族が、仕事ばっかりしていてはいけないと思う。

年齢とともに、おさまるべき生活、ポジションに向かうべきだと思うのです。

政策や制度にも限界がある。もしかしたら、人工知能が救世主になるかも知れない。

日曜日に観たNHK番組(AIの特集)に感化されすぎたかな?

 

 

 

 

人は見た目


自分が人からどのように見られているか。
見た目(外見)を非常に気にする時期がありました。
それまでは、紺やグレー、黒などのスーツが多く、地味だなと思いつつ「職業柄仕方ない」と考えていました。また、仕事に自信が持てなかったりするときは、スーツを着て弱さを隠していたこともあったと思います。

何がきっかけだったかは忘れてしまいましたが、ある程度の年齢になり、キャリアを積んでくると面白味のない服装=つまらない自分と思うようになり、そこを越えるため、明るい色や堅苦しくないスタイルを意識し、少しずつ取り入れていきました。とは言え品の良さそうなもの、派手すぎないもの、逆にもっと派手めにしてもいいなど、自分で考えているより、人の意見を頼りにすることも多く、慣れないころは多少神経質になっていたりもしました。

そして自分のスタイルが何となくしっくり来るようになった今、異性の同業者をみる目も変わってきたように思います。そんな中で輝いている人が近くにいることに気づいたのです。

「自分のスタイルを確立しているおしゃれな人」その方は、身にまとっているもの以上に、表情、特に瞳が美しいのです。仕事に対する姿勢、情熱は、充分伝わります。

やっぱり、人は見た目

目は目でも、心を映す瞳

この意識、大切にしたいと思います。

 

私にとっての奇跡


ゴールデンウィークは、香川県のレオマリゾートへ出かけました。

子供の喜ぶ顔が見たくて選んだ場所でした。

道中(JR)も、現地のアトラクションでも、ホテルでも

子供は本当に嬉しそうにしていました。

普段は、子供がいる生活が当たりまえ過ぎて、子供が求める些細なこと

にも応じられてない。このことにいつも罪悪感を持っていました。

この旅行中、子供が呼んだら手を休めて子供を私の意識の中心に添えて

話をしする。子供の姿をきちんと私の中心で見る。

そうすることで、不思議と子供への愛着が増してきました。

子供への対し方が改まった瞬間のようでした。

今までおろそかにしていた部分・・・。

 

子供と過ごせることがどんなに幸せなことか。

「この時間」の有り難さを意識することなく、当たり前だと、ただ目の前を

通り過ぎていくことはもうないと思う。

気付けただけで奇跡です!